いい年した大人が「映画妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン」を観た…少々ネタバレ

タイトルの通り1人で妖怪ウォッチの映画を観に行きました。毎年観に行っているのですが、今回の映画は豪華過ぎる実写キャストに期待が高まりました。特に斎藤工さんと遠藤憲一さんが楽しみでした。

 
まずストーリーに関しては実写世界とアニメ世界とでバトルシーンの主人公達の戦い方に大きな違いが生じる点が素晴らしいと思いました。アニメキャラクター達は実写の世界では自分達の戦い方が通じず苦労するという実写とアニメとの違いを上手く表現していました。

 

アニメの実写化と言うと大抵は失敗に終わりますが、実写とアニメを一つの作品の中で共存させて、かつきちんと違いを表現している「究極のアニメ実写化作品」と呼ぶにふさわしい作品だと思います。子供達もアニメと実写の行ったり来たりに対してアレルギーを見せている様子も無く、映画を楽しんでいる様子でした。

 

私が楽しみにしていました実写キャストに関してはほとんどが登場シーンや登場時間が極そのめて少なく、客寄せパンダに過ぎ無いのでは?と感じてしまいました。楽しみにしていました遠藤憲一さんに関しては一分も登場しなかったですね。それでも良いアクセントになっていました。

 

観る以前は私は遠藤憲一さんはアウトローな役を演じられる方で子供達が怖がってしまうのでは無いかと心配していました。実際は全く異なり、登場した瞬間に子供達が大笑いするというびっくり現象が起きました。

 

斎藤工さんに関しましても登場時間がとても短かったです。しかしながらダンスシーンで魅せてくださいましたね、さすが元「テニスの王子様」のミュージカルに出演した方だと思いました。

 

全体としては豪華キャストでは無くストーリーそのものを楽しむ作品だと思いました。しかしながら遠藤憲一さんと斎藤工さんのダンスは必見ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です